なにかとお金がかかる妊娠から出産、その後の育休。それでもらえるさまざまな補助金があります。

galleri-draken.net

出産でもらえるさまざまな補助金について

galleri-draken.net 出産では自然分娩でだいたい30万〜70万円ぐらい、平均45万〜50万円ほどかかります。医学的な必要性から帝王切開で出産した場合は健康保険が適用され、医療費の負担が3割になりますが、正常分娩では全額が自己負担となります。月1回から臨月になると週1回のペースで通うため、妊婦健診は合計8〜20回、平均10数回程度になります。この健診も基本的には健康保険がきかないため1回数1,000円かかり、合計すると10万円くらいになることが多いようです。

出産は病気ではないので、健康保険が使えません。費用は全額自己負担となりますが、その時に頼りになるのが出産育児一時金です。健康保険から、子供ひとりにつき42万円がもらえます。双子の場合は84万円となります。

産休は出産手当金として正社員はもちろん、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員でも会社の健康保険に入っていて、出産後も働き続けるのであればもらうことができます。育休は通常は赤ちゃんが1歳になるまで、事情によっては1歳6カ月までもらえます。育児休業中は、会社を通じて申請すれば社会保険料が免除され、免除される期間は、「会社を通じて申出書が社会保険事務所に提出された月」から「育児休業終了日の翌日が属する月の前月まで」。となっています。このように出産では多くの補助金が出るようになりました。

ピックアップ